「参議院事務局」の国会会議録まとめ

1.人員配置

【2018年1月19日/参/議院運営委員会】
◆質疑要旨(礒崎 哲史/民進党・新緑風会)
・参議院事務局における職員間の繁忙度の差の解消に向けて、職員の意向を反映した適切な人員配置を行う必要があると考えるが、事務総長の見解を伺いたい。

◆答弁要旨(郷原 悟/参議院事務総長)
・事務局では例年3月に非管理職を対象として意向調査を行っており、本人の意向を十分に把握した上で配置換えを行っているところである。これまでの本委員会における指摘等も踏まえて、時期を限らず様々な機会を捉えて、職員の希望、状況の把握に努めている。
・全職員の希望にかなう配置換えは難しいが、今後も引き続き事務局全体に目配りをしながら進めていきたい。

【2018年1月19日/参/議院運営委員会】
◆質疑要旨(礒崎 哲史/民進党・新緑風会)
・参議院事務局では、部署によって予算定員と実員の乖離の差が異なる状況にある。これを是正することが職員間の繁忙度の差の解消にも寄与すると考えるが、事務総長の見解を伺う。

◆答弁要旨(郷原 悟/参議院事務総長)
・本院は、政府の定員削減計画に協力をしてきているところであり、庶務・管理部門を中心に削減をしてきた。国会事務局には多様な職種があるため、それらの職員を直ちに調査室に異動させることが難しい部分もある。
・しかしながら、立法補佐機能の根幹を成す調査室において定員との乖離は決して望ましいものではない。引き続き、新規採用などを通じて人員を確保し、乖離の解消に努めるとともに、兼務等も活用し、繁忙度の差の解消に努めていきたい。